ヘッダー画像

情報社会において警察が姿をくらましている可能性

組織の人間

誰もが知る決まり文句「たーけやー、さおだけぇが警察であるという都市伝説があります。 2本で2千円!20年前のお値段です」を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 この独特の口調で発せられる男のだみ声には昭和の雰囲気があって懐かしさを感じるものです。 しかし、竿竹の移動販売は商売として成り立つものなのでしょうか。 そもそも、こういった竿竹なんて近所のホームセンターや通信販売で安く手に入れられるのです。 わざわざ、それを怪しいドライバーから購入する人はいないでしょうし、この点について、実は不思議に思った人は多いでしょう。 そして実は、トラックには竿竹の移動販売という表の顔以外に、これが周っている地域の情報収集をするという警察が裏の顔があるとネットでも言われています。 つまり、国家機関などが法的にできないような情報収集を行うのが本業で、竿竹を売るのはそれを隠すための、言うなればカモフラージュというようなことです。 さおだけ屋にはしっかりとした縦構造がありますが、これは地域ごとに率いるリーダーが存在しています。 これが警察の組織内では情報管理が厳重に行われています。

うるさいさおだけ屋の正体とは?

民間に紛れる警察の本当の姿とは

調査の目的

組織の下の人間は上がもっている情報をほとんど知らされていません。 このため、重要な情報が外に漏れにくくなっています。 ドライバーに仕事を依頼する組織は、昔は国家機関だけだったのです。 ここ最近では一般企業や海外の企業も依頼していると言われています。 特に公安警察やNHK、FBI、CIAからの依頼が多いと言われています。 公安警察からの依頼は主に一般市民と指名手配犯の監視です。 いくら国家公務員の警察が優秀といえども、一般社会に逃げ込んだ容疑者を探すのは非常に難しいことです。 そこで徘徊しているトラックからの情報が頼りになります。 さおだけ屋は全国に存在し、情報収集を行っています。 竿の長さを測りたいという理由で個人宅に入り込めるので、警察などがなかなか手に入れられないような情報を手に入れることができます。 ニュースに出ているような有名な強盗犯も、ドライバーからの情報で捕まることがあると言われています。 そして、NHKからこうした業者への依頼は電波受信調査です。 テレビの世帯普及率は現在99%を超えていますが、NHKでは全ての世帯の電波受信状況を把握するのは難しいでしょう。 特に最近ではワンセグや集合住宅がどんどん増えているので、細かく把握することはほぼ不可能です。 そこで、トラックの情報が役に立ってきます。 彼らは屋根に設置されたアンテナに逆流する中間波を測定し、その世帯が見ている番組を調査しています。

捜査や内偵として警察が行動している

情報収集

また、竿竹に小型の装置を仕込むことで集合住宅でもどの番組が見られているかを詳細に警察が調査することができます。 こうしてNHKは情報を得て契約をお願いしにやってくるのです。 また、海外の組織のFBIやCIAからも依頼がきます。 依頼内容は日本に潜伏するテロリストの調査ですが、これはベテランの調査員しか行いません。 しかも、こうした依頼のほとんどは危険すぎるのでベテランといえども断ることは少なくありません。 FBIとCIAが特に警戒しているのは警察だけでなく国際テロ組織で、両者とも独自の諜報機関をもっています。 日本の閑静な住宅街にテロリストが潜伏していることもあるのです。 まずは土地勘があるトラックに調査を依頼するわけですので、これが結果このようにさおだけ屋は情報収集を主な活動としているため、現代の隠密部隊と言えるでしょう。 しかし、本当に竿竹を売るだけの普通の移動販売業者もいます。 こうした普通の業者がいることも、彼らの隠密行動を手助けしています。 もし求人広告に破格の給料が出ると書いてあったら、先に述べた隠密行動が主な仕事になるかもしれません。 普通に物干しを販売するだけなら破格の給料なんてまず貰えないです。 思わぬ危険に巻き込まれる可能性があるので、警察のこうした仕事は本当に覚悟がある人以外は手を出さないほうが良いでしょう。